2022年4月4日より全警協eラーニング運用開始

eラーニングによる講義が法定教育として認められるようになりました。

 令和元年8月30日に警備業法施行規則が一部改正されました。
 改正前までは、eラーニングによる講義は法定教育として認められておりませんでしたが、次の要件を満たしている場合には、法定教育として認められるようになりました。

<要件>

 イ 受講者が本人であるかどうかを確認できるものであること。

 ロ 受講者の受講の状況を確認できるものであること。

 ハ 受講者の警備業務に関する知識の習得の状況を確認できるものであること。

 ニ 質疑応答の機会が確保されているものであること。


 警備員教育の詳細は警備業法施行規則第38条に定められており、全警協eラーニングは上記要件をクリアしたシステムであり、受講した時間数を「講義の方法」による警備員教育を行った時間数として法定教育時間に算入できるものです。



 ■ 詳しくはこちら

 ・全警協 eラーニングについて(pdf)

 ・全警協 eラーニング利用規定(pdf)

 ・全警協 eラーニング基本操作マニュアル(pdf)



 ■ 申込み手順

 ① 下の「全警協eラーニング専用バナー」から全警協ホームページに入り、表示

 される「資料請求」のフォーマットに必要事項を入力し、送信をクリックする。

 ※ 資料請求の仮申込みが完了すると、入力したアドレスに自動返信メールが

 届きます。これで「仮申込み」は完了です。

 ※ メールアドレスは正確に入力してください。


 ↑全警協eラーニング 資料請求入力フォームへ↑


 ② 「仮申込み」から3~5日営業日以内に、全警協から「資料請求」の

 フォーマットに入力したメールアドレス宛に受講申込書等関係書類が送信される。


 ③ 全警協から送信されてきたメールに添付の「【2022年度】全警協eラー

 ニング受講申込書」に、必要事項をもれなく記入し、千警協の専用アドレス

 に送信し、千警協宛に申込み書を送信した旨を電話連絡する。


  ・千警協eラーニング申込み専用アドレス:e-learning@chikeikyo.or.jp

  ・千警協への申込み連絡:043-248-5318


 ④ 千警協は「【2022年度】全警協eラーニング受講申込書」を確認した

 後に、全警協に「申込書」データを送信する。


 ⑤ 全警協は「申込書」を受信後、申込会社宛てに「受講票」を送信する。


 ⑥ 全警協から申込会社宛てに送信される「受講票」に記載されたIDと

 パスワードを使用してeラーニングを開始することができる。

 ※ 送信されてくる「受講票」には「請求書」が添付されているので、記載の

 発行日から1週間以内に所定の金額を振り込む。振り込みがなされない場合、

 全警協は、当該IDとパスワードの利用を停止することができる。

 ※ 受講料は、全警協加盟警備会社の場合は3,300円(税込み)です。

  非加盟警備会社も受講可能ですが、受講料は4,400円(税込み)です。